お知らせ

NEWS2019年07月10日

水上印刷初!技能実習生が入社

7月8日(月)、当社初となるミャンマー人の技能実習生6名が入社いたしました。

当社は、2012年から7期連続増収(直近4期連続二桁増)を達成し、2016年に「営業拠点 Business Hills」「営業拠点 i-site」、2017年には「あきる野フルフィルメントセンター るのパレット」開設と、成長を続けています。
スピード感を持って事業を拡大していく上で、人材が不足する場面を想定し、今後の中長期的な人材不足も懸念される中で、2年前より技能実習生の受け入れ準備を行ってきました。
そして、数ある送り出し国の中から慎重に検討を重ね、国家間でも重要なパートナー国として位置づけられており、国民性も日本と近しいことから、ミャンマー国からの技能実習生の受け入れを決定いたしました。

2018年の10月から開始した面接では、最終的に300名の生徒が参加し、最終に残った6名には、2019年の3月から日本語だけでなく生活習慣やルールについての研修も受けていただき、今回入社の運びとなりました。

当社も、彼らと働くことを楽しみにしており、4月から3ヶ月、社員がミャンマー語の勉強会を重ね、技能実習生のニックネームも相談して決めるなど、受け入れの準備を進めておりました。

入社当日は、るのパレットにて歓迎会も開催。
和やかな雰囲気の中で、入社した技能実習生と社員の交流を行いました。

6名の配属は多摩ファクトリーに3名、るのパレットに3名の予定です。
今後も、水上印刷では、国外にルーツのある社員についても「働きがい」だけでなく「働きやすさ」のある職場環境を整え、より一層研鑽を重ねてまいります。

前へ 一覧へ戻る 次へ
このエントリーをはてなブックマークに追加