一般事業主行動計画

次世代育成支援対策推進法

水上印刷株式会社は「次世代育成支援対策推進法」に基づき「一般事業主行動計画」を策定しています。

「次世代育成支援対策推進法」は日本の急激な少子化の進行に対応して、次代の社会を担う子どもの健全な育成を支援するための法律です。この法律に基づき、企業・国・地方公共団体は次世代育成支援のための行動計画を策定することとされています。

水上印刷株式会社 行動計画第2期

社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

■計画期間
平成28年4月1日~平成30年3月31日

■目標と取組対策

目標1 所定外労働の削減
・対策1 月の就業日数のうち4日(基本は週1日)をノー残業デーとする。
・対策2 スーパーフレックス制度を導入する。
目標2 有給休暇取得の推進
・対策  ハッピーホリデー(連続5日の有給休暇)、シーズンデイオフ(春夏秋冬各1日)、サンクスファミリーデー(家族の記念日1日以上)を制定する。
目標3 仕事と生活の調和
・対策  ワークライフバランスサポート制度(スリークオーター制度、フィックスタイム制度など、結婚・出産・育児・介護など多様化したライフプランに合わせた働き方)活用の推進を継続する。

水上印刷株式会社 行動計画第1期

■計画期間
平成26年4月1日~平成28年3月31日

■目標と取組内容

目標1 仕事と生活の調和
・対策  ワークライフバランスサポート制度(スリークオーター制度、フィックスタイム制度など、結婚・出産・育児・介護など多様化したライフプランに合わせた働き方)の活用を推進する。
目標2 所定外労働の削減
・対策  フレックス制度の活用を推進する。