会社の未来を想像したとき、
そこにデザインチームがあった。

クリエイティブチーム対談記事

クリエイティブチームができて3年。少しずつ規模を拡大し、いままさに成長期にある。
これからのクリエイティブチームの目指すところとは。
メンバーから3名に、クリエイティブチームの今とこれからについて話を聞いてみた。

村田
鈴木さんはどんな気持ちでDTPのオペレーターというポジションからクリエイティブチームを立ち上げたんですか?

鈴木
最初は自分の時間を作りたくてDTPを選んだ。
もともとクリエイティブなことをやりたくて、DTPでやって完成して印刷あがってきたものを営業が「できたよ」ってもってきてくれても「でもこれデザインやってないんだよな」という感情がつよくて。
いろいろな印刷物とか見たり、近くで活躍してる同級生のデザイナーが「何処何処で○○作ったよ」ていう話を聞いて、やっぱり俺もデザインやりたいな、って想いが出てきた。
そのときたまたま、印刷会社として当時会社にデザインの機能がなかったんだよね。
会社の中でデザインの部隊をもつと、その人の能力やセンスが、流行から遅れていってしまったり、陳腐化してしまったりする可能性があるから。
新宿って地の利を生かして、周りのデザイン会社と連携して進めていけばそのときの最新のビジュアルだったり、クオリティを会社に取り込めるっていう経営方針だったんだけど。
それだけだとスピードも追いつかないし、営業ともっと肩を並べてがっつり組み合って提案しなきゃいけないって側面に陥った時にどうしても力が発揮できない。
会社としてもそういうところがあったから会社にクリエイティブ部門を作りたかった。
俺のDTPからデサインやりたいという感情も合致して、デザインやろうって話があったときに俺が作りたいって手を上げた。
社長も制作部の次長も協力してくれて部門が作られて。
一人増えて、みんな入ってきてくれた。

写真2

印刷会社×クリエイティブ

鈴木
印刷を使わない会社はないから、印刷会社はすべての業種と付き合うことができるし、メニューに特化、POPに特化とかひとつの分野にとらわれず、いろんなデザインを提供できる。
デザインだけじゃなく、トータルでお客様に貢献していける。

ただ、まだ印刷、アセンブリ、梱包、発送、しかもデザインができる便利なところ。水上印刷のクリエイティブはそのフルサービスで提供しているうちのひとつでしかない。まだ、「水上印刷にデザインをお願いしたい、あなたのデザインが好きなんです」っていうのが出てきてない。

村田
これからのクリエイティブチームは、企画もしたいし、ビジュアルプランニング、いろいろしていきたいです。

鈴木
そう、お客さんにプロモーションの提案とかしてみたいし。

村田
いま案件をいただいているお客様の仕事をしっかりやっていくチームと、新しいことを提案していく新規チームがあると理想ですね。

鈴木
未来像としては、チームを大きくする上で部隊の幅も広げていきたい。今のクライアントをちゃんと守りつつ、攻められる部隊をちゃんとつくって。
その人たちが企画提案して、こっちに提案があれば、チームとして一丸となってそこでコンペをやったり。
企画力というのを増していってお客さんにプレゼンテーションできるようになって初めてうちのデザインを好きになってもらえるんじゃないのかな。

クリエイティブチームの
未来

西村
これからのクリエイティブチームって外に出て行く感じになるんですか?

鈴木
全員が全員出て行くわけじゃないけど、今目指しているのは、各重点顧客に対してちゃんとディレクターを立てて、ユニットを作ってやりたいね。
お客さんとのやり取りは営業が行って、ある場面ではデザイナーと一緒にお客さんのところに行って。
今よりは外に出る機会は増やしていきたい。

村田
まだまだですよ。本当に作りたてのまだまだだから。

西村
クリエイティブチームをどういう雰囲気のチームにしたいですか?

村田
俺は、基本賑やかな明るい楽しい感じ。どんなに大変な仕事をしてても…

鈴木
茶化しながら

村田
賑やかにね。

西村
笑顔のたえない。

村田
それって本当必要なことで、追い詰められていくんだよね。仕事だけやって帰って、また来て仕事ってやってると。
一日10分でも関係のない話をする。それはすごい大事。
逆に、上司になったらそれはやったほうがいいと思う。

鈴木
自分の世界に引きこもってやってるだけで、コミュニケーションとっていかないと新しいものは生まれない。ビジュアル作りこむ瞬間とかは、自分の世界に引きこもるっていう、そういう集中力って大事なんだけど。
自分だけでやっててもその殻を破れない。だったら周りの人と話をして解決してもらいたいし、その解消してあげるコミュニケーションを円滑にまわしてあげるのは上の仕事。
俺とか村田君とかはちゃんと話をしないといけないし、西村さんも、後輩を持ったときちゃんと話をしてあげる。それをみんなでまわしていく。

村田
仕事だけの関係なんて絶対無理だから。
遅くにこれどうしてもやって欲しいっていわれたら
「は?考えられないよ。」
でも仲良かったら
「しょうがないな。じゃあ、やりましょうか!」
っていう感情の違い?ぜんぜん違うよね?
「前おごってくれたし」とかね。
ね、おごってもらってね。

鈴木・西村
笑い

それぞれの成長が、
そのまま会社の成長になる。

鈴木
西村さんは今後どうして行きたいの?
チームの一員としてどうなっていきたいの?

西村
個人の技術はあげていきたいし、後輩も入るので後輩を見れるようになりたいし、お客さんの求められるデザインが一人でできるようになりたい、独り立ちできるようになりたい。
たくさんありますね。
でも今、上の鈴木さん村田さんとかに見てもらっているOKを私が出せる、そういう立場まで行きたいです。

村田
最初の目標は、俺と鈴木さんの修正が入らないことかな。
それができれば独り立ちは近いかもね。
鈴木さん自身はどうしていきたいですか?

鈴木
「お客さんをより囲い込めること」「スピード」「ブランド」、それを実現していけるチーム体制を作っていく。マネージャーとして人の心だったり、やりかただったりをケアしていける存在になりたい。
もっと情報公開していける場を作っていって、チームの存在価値を会社のなかで大きくしていかないとね。

村田
俺は個人としては、企画部ですかね。
企画、ブランディング、コンセプト立案を重点にした企画部を作りたい。
クリエイティブの環境も良くしていきたい。体制も整えていきたい。
人数をただ増やすだけでなく、体制とか環境はしっかり作らなきゃなって思ってます。

鈴木
それだけ印刷に付随したデザインがあったってことだよね。
自分たちが思っていたよりもぜんぜん多かった。
そしてまだ需要がある。しかも、そこをこれから攻めていく。
チーム規模としてはもっと広げてかなくてはいけない。

自分たちチームの成長がそのまま、会社の成長につながる。その想いを軸に、チームで、前に進んでいきたい。