HOMEWe are MIC !「ひとを知る」営業部 次長 谷口 大輔

過去より現在。必ず前に進んでいること。
それを常に意識しています。

過去より現在。必ず前に進んでいること。
それを常に意識しています。

セールスディレクター

谷口 大輔Daisuke Taniguchi

営業部 次長入社2001年目4

Profile

当初は業界を絞らず、自分のやりたいことが見つかるまで、全業種を練り歩いて就職活動を展開。
その中で、興味をもっていたデザインやクリエイティブに携われ、自分の成果が実感できる中小企業に絞り、水上印刷に出逢う。
中小ながらにどこにも負けないオンリーワンをもっていた水上印刷に感銘を受け、「ここならば!」と入社を決意。
入社後、出版社営業から管理部門、宣伝・販促の営業を経て、20代で営業課長に昇進。
2017年現在、営業部次長に昇進し、グループをマネジメントする立場で、市場開拓・顧客開拓を担い、
水上印刷の将来を創っていく存在として周囲から信頼を寄せられている。

leadmore

Question

JOB

今、どんなことをしていますか?

役割として、3つありますね。
一つ目は、部下のマネージメントです。部下の目標達成に向けて課題整理、プロセス構築やお客様への同行訪問といったマネジャーとしての役割です。
二つ目は、企業のプリントに関わる業務やバックオフィスに関わるコストを効率化する事を大手企業とコラボレーションし、顧客開拓する役割です。
三つ目は、ホームページなどからの引き合いによる新規市場・顧客開拓をする役割です。

仕事におけるあなたのポリシーはなんですか?

過去より現在、必ず前に進んでいることです。
例えば、毎年数字で前年を上まわり成果として出すことは大切ですし、前に進んでいる実感があります。ただし、残念ながら常にそういった状態ではありません。そこで重要なのが、ただ単純に同じことを繰り返しているか、課題を考えチャレンジしているか。この差は後で大きくでてきます。
つまり、常に挑戦していることが、数年後の自分を決めると感じています。

やりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?

新規市場・顧客開拓がプレイヤーとしての役割ですから、成約に結びついた時は市場に評価されているといったやりがいを感じますね。
また、チームの目標達成した後の打ち上げは、かなり達成感とやりがいを感じますよ。サラリーマン的でしょ(笑)

今まで一番の失敗はなんですか?

20年以上受託していた毎月の仕事を他社に取られてしまった事。
昇進して1年目の年に、部下に引き継いだお客様のお仕事でやってしまいました。
悪かったのは、誤った判断をした事です。その時にマネジメントや判断、基本的な報連相の大切さを感じました。

これからどんなことに挑戦してみたいですか?

WEBを使った印刷物の商取引をCMなどでもよく見ると思いますが、あんなイメージのことに挑戦したいですね。
ただ、大きく違うのは、通販会社のフォーマットで商品をつくるのではなく、企業側のフォーマットで商品をつくり、かつ翌日届く。
・・・みたいなものです。少し壮大な夢ですが。

CORPORATION

水上印刷に入社したキメテは何ですか?

大きな歯車のひとつよりは、自分が大きな歯車となって回りたいとの思いから、
当時は中堅・中小規模の企業を中心に就職活動をしていました。
ただ、その中でも土台がしっかりしているところが良いと考えていました。
中小企業で、土台がしっかりしていて、仕事を引っ張るチャンスを掴めるところ。
水上印刷はそういう考えのすべてを充たしていました。

入社後どんなギャップがありましたか?

思っていた以上に、自分がやる業務範囲が広い事ですね。具体的にいうと、企画提案から入金管理とお客様に関わるモノ・コト・カネの全てを把握していなければならない事。
あとは~、プライベートも意外と付き合いが多いことですかね。

あなたからみて、水上印刷の“スゴイトコロ”はどこですか?

まずは、水上会長ですね。
お世辞抜きで、非常に情熱がありアグレッシブな方です。自分が同じ年になって同じようにできるかというと自信がないくらい。
そんな下にいる情熱ある100人の社員(笑)
仕事に情熱を持つことは、意外とできることじゃないですからね。

水上印刷に足りないと思うところはどこですか?

どんな企業も使いたいと思える独自性のあるサービス・商品。
私たちは、特定のお客様には存分に独自力を発揮し、評価をいただいておりますが、
個別・特定ということではなく、どんな企業にも通用するサービス・商品が欲しいかなと思います。

PRIVATE

休日は何をして過ごしていますか?

体を動かす事が好きなので、野球・フットサル・ゴルフ・山登り・水泳とどれかをしてますね。
あと、ごくたまにデートです。

給与やボーナスは何に使っていますか?

ほぼ飲みで使っています。
うちの会社の人、みんなそう答えてません?(笑)
あとは、ごくたまに買い物。

今挑戦してみたいことはありますか?

料理。
男子ごはんをつくりたいですね。
今まで全くやったことがなかったので。

プライベートの写真を見せてください。

写真 フットサルで3点決めちゃった!ご満悦なタニ。

写真 関東平野に浮かぶ!ご満悦なタニ。

carrerpath

2001年
弊社メインクライアント(金融系出版社)のチームへ営業配属
メインクライアントだけに取引案件が多く、非常に鍛えられた3年間。
2005年
管理部へ異動
異常事故などの品質関連を中心に、全社視点で仕事をする。
2006年
営業部へ復帰
百貨店担当営業など宣伝・販促分野での仕事に携わるようになる。
2007年
営業部チーフ昇進
グループ長としての役割が始まる。
2009年
営業部課長昇進
2015年
営業部次長昇進
現在
グループ長としてと、新規市場・顧客開拓をメインとする役割を担う。
水上印刷の成長に直結する部門であり、非常にやりがいを感じている。

谷口 大輔のイイトコロ

営業部課長 嶺 高士営業部課長
嶺 高士

「まるで宮川大輔?MICのお祭り男!」
眼鏡をかけてからというもの、宮川大輔にちょっと似てる(笑)イベントごとが大好きなMICのお祭り男!一度営業にでると、お客様から厚い信頼を集める、MICの1,2を争う企画提案力のある営業マンですね。

営業部課長 嶺 高士

営業部次長 石黒 陽平営業部次長
石黒 陽平

「率直」
唯一の営業同期ですが、誰に対しても言いたい事をいうスタンスは今も昔も変わっていません。
先輩も後輩も啓発され、スゴイなと思います。ただ、たまに面倒な事も起きるのですが・・・(笑)

営業部次長 石黒 陽平

営業部次長 池田 将人営業部次長
池田 将人

「バツグンの営業センス!」
私が、むやみに引き出して、収集がつかなくなってしまったグチャグチャの糸を、すっきりほぐして、まとめてくれます。押すところ、引くところをわかっていて的確な営業をする人です。ただ、口が悪いのがちょっと・・・(笑)

営業部次長 池田 将人

学生の皆さんへメッセージ

就活中によく「やりたい事は何ですか?」と問われるし、自分に問うことがあると思います。その時に頭の中に浮かばなく、何をやりたいか分からなくなることも、また多くあると思います。そして悲観的になることも。僕は、明快に答えが出る人の方が稀に感じますね。
何をしたいか分からないことは、皆さんにチャレンジできる分野がたくさんあるということだと思います。
恐れず、果敢にチャレンジしてください!!

close
entry

サイトマップ | 個人情報保護方針