HOMEWe are MIC !「ひとを知る」総務部 チーフ 山口 晃司

水上印刷を、「日本一の採用をする会社」にしたい

水上印刷を、「日本一の採用をする会社」にしたい

総務部/採用担当

山口 晃司Koji Yamaguchi

総務部 チーフ入社2013年目4

Profile

中学から続けているテニスと、海外旅行に夢中だった学生時代。就職活動開始当初は「ものづくりにをしたい」という想いからメーカーを中心に足を運んでいたが、就活を進めるうちにメーカーの営業だと実際のものづくりには携われないのではないかと感じようになる。そんな時期に就活サイトで偶然水上印刷と出会い、「印刷会社ならものづくりができそうだ!」と応募を決意。
入社後は営業を経験したのち、採用担当に大抜擢!
現在は、就活生にMICの魅力を伝えるため、本社と工場を往復する多忙な日々を過ごしている。「今の楽しみは、たくさんの就活生に会えること!」と語る、爽やかな笑顔が印象的なMICの顔。

leadmore

Question

JOB

今、どんなことをしていますか?

採用責任者として新卒・中途・パート/アルバイトの採用に携わっています。
水上印刷のことをよく知ってもらい、魅力を感じてもらえるよう、毎年さまざまなイベントを企画しています。

仕事におけるあなたのポリシーはなんですか?

学生と当社がお互いに納得できる採用をすることです。
会社が一方的に採用を決めるのではなく、学生も水上印刷の人や仕事・環境・制度・福利厚生・入社後の働き方など全てオープンにした上で、学生からも選んでもらえる採用にこだわっています。

やりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?

やはり、選考を通して見てきた学生に内定を出した時ですね。
水上印刷は大手のように内定辞退を見越して採用していませんので、内定を出した学生には100%来てほしいという想いで採用しています。
水上印刷に入社したい!と言ってくれる学生が仲間に加わる瞬間が、一番やっててよかったと感じます。
あとは自分が採用したメンバーが成長しているのを感じたときは、親心のような気持ちで嬉しくなりますね(笑)

今まで一番の失敗はなんですか?

失敗というか、やはりこちらが「来てほしい!」と感じた学生が100%来てくれるわけではないので、途中で選考辞退があると何がいけなかったのか真剣に悩みます。
もちろん入社後に「こんなはずじゃなかったのに・・・」とならないために全てオープンにしているのですが、それでももっとできることはなかったか、悶々とすることがあります。
学生が選んだ結果だとわかっていても、なかなかスッパリとは割り切れないものですね(笑)

これからどんなことに挑戦してみたいですか?

「人に投資する会社」であり「日本一勉強をする会社」を目指す水上印刷を、「日本一の採用をする会社」にしたいと思っています。
どの会社で働くかは、どんな人生を送りたいかに繋がると思います。
その大事な会社選びで、水上印刷が一番に選ばれる。そんな採用をしていきたいと思います。

CORPORATION

水上印刷に入社したキメテは何ですか?

実は、最初は印刷会社は全く選択肢に入っていませんでした(笑)
漠然とものづくりがしたいと考えているときに水上印刷に出会い、その仕事内容ももちろんですが、なにより水上印刷の「人」に魅力を感じました。
まさに風通しのよい社風で、こうなりたいという先輩も多くいました。
「やりたいことができるか」に加えて「一緒に働きたい人がいるか」を会社選びの軸にしたのも、水上印刷を知ってからでした。

入社後どんなギャップがありましたか?

私が入社する時もオープンな採用は変わっていませんでしたから、入社前には全て見せてもらい、あまり入社後のギャップはありませんでした。
強いて言えば、想像以上に仕事を任せてもらえたことと、休日にも社員同士で遊びに行くほど仲がよかったことですかね(笑)
私自身、入社前は「休日まで会社の人と遊ぶのはちょっと・・・」と思っていたのですが、いまでは普通に遊びに行ってます(笑)

あなたからみて、水上印刷の“スゴイトコロ”はどこですか?

とにかく仕事に真剣なところ。
世界一の技術力も持っていますが、なにより全社員が真剣で、同じ方向をむいて仕事に取り組んでいるところに、1人では出しえないパワーを感じます。
たまにそのパワーに圧倒されることもありますが、よい刺激となって、自分も頑張ろうと思えます。

水上印刷に足りないと思うところはどこですか?

会社が成長し続けているため、その分社員数も増え、スペースが足りなくなってきている(笑)
いいことなのですが、常につきまとう課題でもあります。

PRIVATE

休日は何をして過ごしていますか?

最近子供が生まれたので、家で家族と過ごしています。
仕事の日はあまり顔を見れないので、休日はここぞとばかりに子供と触れ合ってます。
旅行も好きなので、子供が大きくなったら一緒に旅行も行きたいですね。

給与やボーナスは何に使っていますか?

おいしい食事と旅行です。
おいしいものを食べてるときは問答無用で幸せになれます。
ただ、最近は家を購入したので、ローンの返済が・・・

今挑戦してみたいことはありますか?

ずっとやろうと思って進展してない英会話です。
仕事でも使う場面が出てきていますし、英語を話せる社員を見ると自分も頑張らなきゃ!って思います。
あと、隣の家にスリランカ出身のあまり日本語が話せない方が引っ越してきたので、ご近所付き合いのためにも習得したいです。

プライベートの写真を見せてください。

写真 年末にフィンランドにオーロラを見に行きました!
学生の時からの夢がひとつ叶いました!

写真 オーロラを撮れるように買った一眼
いまでは子供を撮りまくってます。

carrerpath

2013年
入社
営業部に配属となり、メディアのお客様を担当。
出向しお客様の近くで仕事をさせてもらったことで、多くのことを学びました。
2015年
総務部に異動
まったく違う部署に異動となるが、経営層に近い部署のため、営業部ではできなかった貴重な経験を多く詰む。
現在
会社も成長していく中で、さらなる採用の強化を目指し日々奮闘中

水上 太郎のイイトコロ

総務部部長 村山 幹子総務部部長
村山 幹子

「爽やか、誠実、好青年」
採用担当の印象=会社の印象、つまり採用担当というのは会社の顔です。
学生さんたちに誠実に対応している姿に、安心して採用を任せられています。
20代の若さで、結婚、一軒家購入、お子さん誕生、と堅実な一面も。
あと、もう少し面白い冗談を言ってくれれば文句なし(笑)

総務部部長 村山 幹子

営業部 前原 由貴営業部
前原 由貴

「いつも安心させてくれる笑顔」
いつも笑顔の優しい先輩です。
採用面接の時は緊張しましたが、山口さんの優しい笑顔に何度も救われました。
山口チルドレン1期生は、みんな山口さんが大好きです。

営業部 前原 由貴

学生の皆さんへメッセージ

就職活動は何をしてどう振舞うのが正解かわかりませんよね。
私も就活中はいろいろ悩みましたが、採用担当として伝えたいことは、「勇気をもって、等身大の自分を見せてほしい」ということです。
よく見せたい気持ちはすごくよくわかりますが、会社はあなたの内面をよく知りたいと思っています。
水上印刷も会社のことを全て見せますので、あなたも包み隠さず等身大の自分を見せてください。
選考でお会いするのを、楽しみにしています!

close
entry

サイトマップ | 個人情報保護方針